コスパ重視でおすすめPEラインには何がある?おすすめランキング!

MENU

コスパ重視でおすすめPEラインには何がある?おすすめランキング!

今回ご案内するのは、
2017年にライン界では新鋭の「メジャークラフト」から売りに出された
弾丸 BLADE X8」のご案内です。

 

2018年も入れて、PEライン市場を見てきたが最終的に、
コスパ的にこのPEライン以上のものは、出現していなません。

 

驚くのは、コストと効果のバランス。定価「¥2000」台でこのクオリティー。
これまでの常識ではあり得ない価格と品質を両方実現しているから、
感嘆してしまいます。

 

 

PEラインがオトクであると何がメリットであるのか?

PEラインがリーズナブルだと、財布にやさしいのであると口に出してしまえば、
シンプルな話ではあるが本当のことを言うと釣果に直結することなのです。

 

釣果に結び付く式としては、
安い→交換頻度の数が増加する→クオリティーがキープできる→ちょっとの釣果チャンスで釣れるといったことで、
釣果がアップします。

 

 

しかし、今回はそれのみではありません。

 

こちらの「弾丸 BLADE X8」は、「8つ編み」です。

 

なので、同じ太さの場合単純計算だと
強度が2倍になるということのように感じられるが、
ここは要注意。

 

 

実際のところ、ほとんどの場合ワンランク太いラインと同じくらいの強さになる。
「0.8号」付近の「X8」と「X4」を比べた場合、
次にあげるようになる。

 

 

弾丸 BLADE X8
0.6号 14LB
0.8号 16LB
弾丸 BLADE X4
0.6号 12LB
0.8号 14LB

 

上記で述べたように細くて強いラインであれば大きなプラスになる。
一口に言うと、釣りのスタイルを発展させてくれることを保証してくれるという意味にもなる。

 

この特性を活用したら、
今お持ちの自分のラインを細く変える可能性があるということになる。

 

ラインが細くなれば、釣果が変わってくる。
これは相違ない事実。

 

 

魚へのプレッシャー・飛距離・感度・操作性すべてが進歩し、
これまでなかったエリアへとアングラーをいざなってくれるという事です。

 

しかし、すべてがうまく行くわけではない。
更に忘れていけない点が釣り人にはある。
これに関しては「ラインカラー」。

 

 

弾丸 BLADEには、魚種別としてラインカラーが違ったものが出回っています。
なぜ、ラインカラーが変わってると「魚種」が異なってくるのでしょうか?

 

それは、魚からラインが見えているという実態があるからなのである。
釣り人から、ラインが見えるように魚からも「ライン」は見えます。

 

当該の見え方が魚種・昼夜・水色・明暗などでも移り変わる。
もちろん太さでも。

 

なので、カラーにも固執する必要が現実的にはあります。
これについては、メーカー側の類型化を駆使しつつも、
自分自身の範囲にあったカラーを見つけたほうが良い。

 

 

シーバスからシュアジギングまでにも
応対してくれるPEライン号数のバリエーション。

 

コストパフォーマンスを重要視しても、
PEとして過失なし

 

号数バリエーションに富んでいるのも、
「弾丸 BLADE X8」の素晴らしいところ。

 

アングラー各々の釣りスタイルに合った、
ラインを選ぶことができる。

 

 

「0.6号」~「2.0号」を基本とし、
マルチカラーにつきましては「0.6号」~「3.0号」まで
ラインナップが見られる。

 

 

「3.0号」まである「マルチカラー」は、すこし用心が必要だ。

 

横に釣るショアな釣りでは、
ラインカラーがコロコロ変わるのはあまりよろしくない。
現実問題として、オフショアな釣りで使うものと思ったほうがいい。

 

バリエーションを上手く活用する方法の1つとして、
替えスプールと号数が別々のラインを用意すれば、
いきなりの青物ナブラも消化することができるという感じ。

 

これによりさらにチャンスをものにできる。

 

 

コスパ重視でおすすめPEラインのランキング! 第1位 クレハ シーガーPE X8。

 

・コスパ最高のPEライン!
8本編みなのにとにもかくにも安い、当たり前実用十分の性能。

 

エレガントで細くトラブルもなしです。
コストと性能の安定性が良い。低価格でも実釣性能の問題ないラインをお調べならこれで決まり。

 

【高感度】当社PEシリーズで最も伸びが少ないグランドマックスPEを採用。
【高強力】8本組を採用し強度を徹底追求。
【高視認性】新ピッチマーキングを採用し視認性を徹底追求。
【バリュープライス】コストパフォーマンスを徹底追求。

 

 

精細な釣法に対応した0.6号から、
青物などの大物狙いに使用できる6号まで
幅広い号柄をラインナップしています。

 

0.4号(150m巻、200m巻)を追加しました。

 

 

・口コミ
1.5号でタカギレと叫んでいる人がいますが、
ノット部の編み込み締め込みがきちんと出来てないだけ。

 

ドラグチェッカー買え。

 

あと、釣り行った後は必ずほつれるところが出てくるから
(特に指をかけるところ)必ず毎回ほつれたところを探し、
カットしてノットを編み込んでいるので今のところ問題はなし。

 

それが嫌なら3000円以上の物買いなさい。
この価格帯では良いだけで全体的に見たらそりゃーダメなところもある。

 

78㎝の鱸をテトラ帯でゴリ巻き気味に釣りましたが
ラインブレイクせずにかんばってくれました。

 

有名どころのPEだとこれの倍近くしますし、
私のようなド底辺にはピッタリでok

 

 

第2位 よつあみ G-SOUL X8 UPGRADE

 

ゆるり溺愛のPEラインがコレ。
性能は1位のシーガーPE X8より上です。
大きく変化するのは根ズレの強度ですね、
疑う余地もなくG-SOUL X8の方が強いですよね。

 

価格が少し高くなるので、コスパを踏まえての2位としました。
性能重視ならこちらがイチオシ。

 

 

(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の
「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。

 

号数はジャパンユニットである。

 

「0.8号」表記を用いるのであれば、
ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。

 

アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。

 

更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、
操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、
高強力を実現しています。

 

ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう
1m毎15cmバイトマーカーを配置。

 

 

口コミ
ルアーフィッシングに初めて
PEラインが使われるようになった時代から様々なラインを試してきました。
中には1日でゴミ箱行きになった物も数多くあります。

 

船の深場釣り用のラインをパッケージだけ変えて売っているんじゃないか?

 

実は現在の有名メーカーの中にさえ
そんなラインは存在します。

 

メーカーのコピーに踊らされ続けた人はダマされたと思って
このラインを試してみてください。

 

ナイロンライン並みの糸捌きを求めるならこのラインは文句なく最高です。
他のメーカーでは近いレベルに達しているラインすら皆無だと思います。

 

少し割高なため初心者には敬遠されやすいかもしれませんが
実は初心者にこそお薦めしたい。

 

ライントラブルの煩わしさから解放されること請け合いです。

 

また上級者も上級ゆえにラインへの要求が厳しくなるものですが、
このラインには欠点と言うものがありません。

 

強度も鬼みたいにあるので高切れによるルアーロストは現在までゼロです。
現在私のルアーフィッシング用のリールは全てこのラインに替えました。

 

 

もう他のラインは一切使う気がしません。

 

 

第3位 クレハ シーガー R18完全シーバス ステルスグレー。

こちらもクレハのシーガー。
ラインといえばのクレハですから、きちんと使用OKなラインです。

 

 

コスパではシーガーPE X8に、性能ではG-SOUL X8に劣るので第3位です。

 

グレーのラインは正確に言うとステルス性がありそうなので、
カラーにも固執する方はコレ。

 

●PEシリーズ最強のシーガーリミテッドPEを採用。
●遠投性能を重視した8本組で仕上げました。
●シビアなゲームに対応する0.6号から河口、サーフのビッグフィッシュ狙いの1.5号までをラインナップ。
●晴天・雨天を問わず見えやすいフラッシュグリーン、カモフラージュを演出する

釣り糸の通販

お取寄せ販売サイトで釣り装具を準備する私たちとはほとんどです。
専ら、経験の浅い人の時には釣ツールランチタイムまで行って、
人員としては問いを行ないながら設定したことをお奨めします。

 

説明できないことがほとんど因ってでしょう。
釣りを熟知している人物以後というもの必ずと言って良い程お馴染みそう言うけど、
釣りしない自分自身ことを願うなら初めての経験として問うことばっかりです。

 

釣り糸内まったく該当します。

 

釣り糸については数多くの顔ぶれが上げられます。
それまでの品種利用して釣りの戦術さえも異なってくることをお薦めします。

 

 

 

ナイロン分け目、フロロカーボン方法、
PEスリムさのは結構だけど普通に取引されている釣り糸のものとのことです。

 

個人は得手が有り、ふさわしい特技を承諾したのちは
才覚を持って利用する通り道を決めなくてはだめなんです。

 

ナイロン関わりのあるとしてあるのは育ちやすいお蔭で
アタリが分かってがたいと壮語する弱点が存在します。

 

この人物を立て直ししたと意識することがフロロカーボン曲線だろうと感じます。

 

 

フロロカーボン経路という事は割りと強固に伸展辛いものだから、
わずかなアタリだって簡単な顛末です。

 

そのまま、ナイロン道順に間違いないとフロロカーボン方向性の違いは
新規の人からすればはっきり分かっていないのかもしれません。

 

その部分にフロロカーボン方法と言いますと
表示価格が期待できることだろうと不都合ひしめくという理由から、
門外漢においては使い倒すことが容易ではない釣り糸からね。

 

 

フロロカーボン系統とされているところは
主だった釣り糸のように取り入れられる場合とはズレがあって、
代表にふさわしく反映されます。

 

こういった類の紐付をなくしたということがPE系統になる。

 

 

ナイロン道筋を上回って思っている以上に軟らかなしかし、
プライスが望めるはずだと何種類も在るので
どういったところを利用すれば良いかのみ込めないことだと考えられます。

peライン コスパ釣り具 PEライン・釣糸の販売店