主流な釣り糸の1つであるpeラインの特徴

MENU

主流な釣り糸の1つであるpeラインの特徴

peラインは釣り糸の中でも主流なものの1つだと言うことができますが、
詳しい特徴を知らなければ正しく使うことができません。

 

このアイテムが気になっているのであれば、
詳細を知った上で利用を検討してみると良いです。

 

 

ポリエチレンでつくられたラインをpeラインと呼びますが、
ポリエチレン製のものは強度が強いという魅力があります。

 

このラインと同じくらい主流なナイロンやフロロカーボンと比較すると、
最も強度が高いことを知っておくと良いでしょう。

 

細い号数でも使いやすく、
伸縮率が低いので感度が良いことも大きな魅力だと言えます。

 

実は、peラインはポリエチレン製の細い繊維を編むことでつくられており、
編み込む製法によってしなやかさを得ているラインです。

 

X4やX8などの表記を見たことがある人も多いはずですが、
この数値が高いほうが細い繊維の集合体であることが分かります。

 

 

しなやかさと摩擦抵抗の小ささを求める場合は、
数値が高いものを選ぶことがおすすめです。
けれども、編み数が多いものはそれだけ値段にも影響が出ます。

 

種類によってはかなり高価なものとなってしまうので、
初めて使用するのであればある程度の編み数のものを使用してみて、
自分に合っていると感じれば高価なものにチャレンジしてみても良いでしょう。

 

peラインを使用するのであれば、
細い号数でも問題なく使用できるようになります。

 

軽い仕掛けを遠くに飛ばしやすい、
近距離でも違和感なく魚に食わせることができるなどのメリットがあるので、
積極的に取り入れたいアイテムです。

 

 

ポリエチレンでつくられているpeラインは、
初心者から上級者まで幅広い釣り人が使っている釣り糸なので、
興味がある場合は積極的に取り入れてみることをおすすめします。

 

編み数や号数から製品を選ぶことができるため、
釣りたい魚や得たい性能、
価格などを考慮しながら自分に最適だと感じられる
peラインを選ぶことができるようにしておきましょう。