スピルリナの注意点

MENU

スピルリナの注意点

スピルリナを飲み始めて体調に異変を感じたら、注意が必要です。

 

その異変は、良い影響の可能性もあれば、悪い影響かもしれません。

 

下痢をしてすぐにおさまるようならあまり神経質にならなくても大丈夫でしょうが、一度しかスピルリナを飲んでいないのにずっと下痢が止まらないというようなときは問題です。

 

すぐに飲むのを中止したほうがよい場合もあるということを覚えておきましょう。

 

スピルリナに含まれる葉緑素は、体に入ってくるとフェオホルバイドという物質に分解されます。

 

人によっては、この物質が皮膚炎や湿疹を生んでしまうことがあります。

 

スピルリナの量を調節するなどして、様子を見てみることも大切です。

 

もちろん、誰にでも同じ作用があるわけではなく、これは良い効果についても言えます。

 

ほとんどの場合、スピルリナを飲むと大きな健康効果を得られます。

 

その効果の凄さから、吹き出物やちょっとした下痢作用などが起こっても、あまり気にならないという人もいます。

 

貧血の改善、眼精疲労の緩和、肌荒れ解消、慢性胃炎や肝臓病の改善、抗酸化作用、糖尿病の改善など、幅広い体調不良にパワーを発揮してくれるスピルリナ。

 

実は、病院でもスピルリナが活用化され始めているのだといいます。

 

医薬品としてではなく、病院で処方される栄養機能補助食品としてスピルリナが用いられているのです。

 

病院で使われるほどの健康効果があるというのは、大きな信頼に値するのではないでしょうか。