スピルリナのトラブル問題

MENU

スピルリナのトラブル問題

スピルリナを飲んで、副作用に似た症状が出ることがあります。

 

誰にでも起こることではなく、作用の度合いも人それぞれです。

 

何も問題がない人もいれば、体と相性が合わない場合もあるというわけです。

 

代表的なトラブルでは、喉が渇いたり腹痛や下痢、吹き出物が発生するなどの問題があります。

 

健康食品を飲み始めると、体にいいはずの成分なのに吹き出物などが急に出てくるという体験をしたことはありませんか?
これは、体が異物を察知して過剰に反応している証拠です。

 

良い反応のときでも、最初は体の中の毒素が出てくることがあるのです。

 

しばらく飲み続けてみると、本当は体に合うものなのか、相性が悪いのかがわかってきます。

 

トラブルが出やすい体質の人は、スピルリナを飲む前に不摂生な生活を送っていた人に多いようです。

 

不健康な状態にあるので、毒素もたくさん出てくるということでしょう。

 

逆に、何も感じられないという場合は、すでに十分に健康でスピルリナの入る余地がないのかもしれません。

 

あるいは余分な栄養素として、吹き出物などになって出てきてしまうこともあるでしょう。

 

判断は、少なくとも一週間程度は飲み続けることで出してはいかがでしょうか。

 

スピルリナをしばらく飲んでいて健康になった人が、飲むのをやめたら体調が悪くなり、また飲み始めたら元気になったということもあります。

 

この場合は、効果があったのだということがわかりやすいですね。