スピルリナの成分と安全

MENU

スピルリナの成分と安全

スピルリナは健康食品ですが、人体への安全性はどうなのでしょうか。

 

すでに厚生労働省ではスピルリナの安全性を調査しており、問題ないとされています。

 

ただし、メーカーによっては、製造過程で安全性に問題が出ることもあるかもしれません。

 

よく知らないメーカーを選ぶよりも、スピルリナで長年の実績を積んできたメーカー、知名度が高いメーカーを選ぶのが無難です。

 

スピルリナ自体には、危険な植物であるという問題はありません。

 

人によっては体質に合わない可能性もありますが、誰にでもトラブルが出るようなことはありません。

 

おおむね健康効果が期待できる食品ですから、まずは安心して試してみてください。

 

スピルリナの栄養効果の高さは、医療現場で臨床試験が行われるところまできています。

 

これにより人体への影響や効果がさらにハッキリしてくれば、より安全で品質の高い製品を作るメーカーが多くなるのではないでしょうか。

 

そうなれば、消費者としては価格への期待も持てそうですね。

 

スピルリナは医薬品ではありませんが、その栄養に含まれる成分が過剰に反応してしまうことも考えられます。

 

デリケートな体質の方は、少量ずつから始めるなどで様子を見ながら飲んでみてください。

 

量を調整することで、より良い効果を得られることもあるのです。

スピルリナ優れた栄養成分

バランスよく多くの栄養素を含む「スピルリナ」。
サプリメントなどでパウダー状になったスピルリナ、スプーンたった1杯分の量で緑黄色野菜120gから摂れるβカロテンと同量を摂ることができます。
また、たんぱく質についても、スピルリナをスプーン1杯摂るだけで、鶏卵の2分の1分と同量を摂ることができます。
これだけでも手軽に摂れて、高い効果が得られるサプリメントであることがわかります。
世界的に見ても優れた栄養食品として評価されていて、NASAなどでも宇宙食として取り入れているそうです。

 

栄養価の高い健康サプリメントとしてよく使われる「クロレラ」でも、含まれる栄養素は46種類です。
スピルリナの70種類がいかにすごいか知ることができます。

 

さらにスピルリナのすごいところが、消化吸収率の高さにあります。
たくさんの栄養素を摂ったところで、体にきちんと吸収されてくれなければ正しい効果を発揮することはできません。
スピルリナの体への消化吸収率は驚異の95%もあるのです。
一般的に野菜などの消化吸収率は40%くらいだといわれています。
それは植物には細胞壁があって、栄養素が壁内に閉じ込められてしまうからです。
しかしスピルリナは、この細胞壁が薄いので、壊れやすく、中に入っている栄養素を外へ出し、体内へとしっかり吸収させることができるのです。
ちなみにクロレラの吸収率は、68%~82%くらいとなっています。

 

優れた栄養素を、ほぼ全量、体内へ吸収できることで、高い効果を発揮することができているのです。